特定技能の分野追加か?またさらなる追加も予測【16分野の種類】

人手不足の分野に限り、単純労働者の就労を認めている特定技能制度であるが、現在は、12分野に限定されている。ただ、他の分野でも人手不足が顕著になっている。そのため、外国が働く「特定技能ビザ」の分野をめぐって、関係省庁が新しい分野の追加する方向で調整している。

現在の特定技能の分野

現在の特定技能は12分野に限定されている。下記に各分野ごとを挙げてみる。

分野業務内容
介護身体介護
ビルクリーニング建築物の清掃(不特定多数の建物のみ)
製造3分野金属加工、電気電子組み立て、金属表面処理
建設土木、建築、ライフライン
造船・船用溶接、仕上げ、塗装、機械加工、鉄鋼など
自動車整備自動車の日常点検、特定整備など
航空空港グランドハンドリング、航空機整備
宿泊宿泊施設のフロント、広報、接客
農業耕種農業、畜産農業
漁業漁業、養殖業
飲食料製造業食品の製造・加工
外食業外食全般(デリバリーや施設給食も含む)

現在は上記のようになっているが、これが下記のように変更になると各関係庁で話が進んでいるとのことです。

特定技能の新規分野(新規は赤文字で記載)

分野業務内容
介護身体介護
ビルクリーニング建築物の清掃(不特定多数の建物のみ)
製造3分野金属加工、電気電子組み立て、金属表面処理、バルプ・紙加工製造、コンクリート製造、
繊維
建設土木、建築、ライフライン
造船・船用溶接、仕上げ、塗装、機械加工、鉄鋼など
自動車整備自動車の日常点検、特定整備など
航空空港グランドハンドリング、航空機整備
宿泊宿泊施設のフロント、広報、接客
農業耕種農業、畜産農業
漁業漁業、養殖業
飲食料製造業食品の製造・加工、スーパーの総菜加工(本来は小売業になるため範囲外)
外食業外食全般(デリバリーや施設給食も含む)
自動車運送業運転手
鉄道運転士・車掌走行・空気装置検修
林業育林
木材産業木材加工家具製作

現在の段階では、公式な情報は公開されていないが、赤文字の部分が追加されるだろうと考えられている。特に自動車運送業、鉄道、林業、木材産業など、人手不足が顕著な業種であるため、この4分野が新たに追加されるのはほど確定だろう。

ただ、自動車運送業の業務がバスやトラックの運転手だけなのか、印刷・プラシック成形・陶磁器作成・ゴム製造なども追加されるのかははっきりされていない。詳細は逐一こちらを確認してください。

特定分野の業種は意外に難しい

就労ビザをはじめ、特定技能の職種の見分け方は非常に難しいです。私は多くの外国人と交流しています。そのため、職種の判断には慣れておりますが、それでもたまに悩んでしまうことがあります。そのくらい特定技能の職種判定の難易度は高いです。また、入管の手続きはさらにハードルが高いので、専門の行政書士にご依頼したほうがスムーズです。

お気軽にお問い合わせください。080-8874-9690受付時間 9:00-20:00 [ 土・日・祝日対応可能 ]

お問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です